あいさつ

 

東中一丸となって新型コロナウィルス感染症
の影響を乗り越えましょう

東久留米市立東中学校
校長  松 田  正

  

「平成」から「令和」に元号が変わり令和2年度がスタートしました。ところが、昨年度末から続いた新型コロナウィルス感染症の拡大によりオリンピック・パラリンピックは延期となり、東中もいつもの新学期のように始めることができませんでした。
始業式(4月6日)と入学式(4月7日)は両式ともに校庭に椅子を置いて内容は最低限に縮小して実施しました。また、翌日(4月8日)からは5月6日まで臨時休校が始まり生徒は自宅での生活が続く状態となりました。今まで、東日本大震災や大雨による休校などがありましたが、これほど長期に学校の活動が中断されることはありません。それだけに東中学校としては、今回の感染拡大がどれだけ深刻な出来事であるのかということを自覚し今後の対応をしていかなければならないと思っています。
そのためには、この「空白」となったこの期間に行わなければならなかった内容を整理し臨時休校が終了した直後から計画的に実施していくことであると考えています。
第一に学習面では、休校中は各学年で出した学習課題を中心に生徒自身で学習を進めてもらうことになっていますが、休校後は3月末と4月中にできなかった授業内容を5月から6月前半までに全て済まし、6月後半から今年度の内容をスタートさせたいと思っています。さらにこの時点では2か月分の遅れがありますので、6月後半から9月までにそれを取り戻し10月から正常な学習範囲として追いつきたいと思っています。土曜日や夏休みの活用、3年生の入試への影響などはまだ発表されていませんが、いずれ決まり次第お知らせし対応していきたいと思っています。
次に生活面ですが、3月末になって校庭開放を3日間ほど計画し体力維持やストレス解消などに取り組みました。しかし、その後校庭開放は不可となり現在も5月6日まで実施は計画できない状態にあるため家庭での体力維持に頼るところとなっています。元々4月は部活動への入部を行う期間でしたが、それが一切できませんでしたので休校終了後はすぐに部活動の入部を進め5月前半で2・3年生の活動を開始し5月後半からは1年生の活動を始めたいと思っています。特に運動部関係の3年生は夏季大会が最後の大会となりますので無事に実施できるように願っています。また、体を動かすような学校行事が1学期に少しでも開催できるとよいと思っていますが、実際は2学期に延期されるものが多いのではないかと考えています。
このように現時点では5月6日の臨時休校終了後からの学校再開を目標に様々な活動の再計画に取り組んでいるところです。現在の非常事態宣言が功を奏して感染が縮小し、いつも通りの生活へと戻ることを願ってやみません。東中学校の生徒、保護者・地域の皆様と共にこの大変な事態を乗り越えていきたいと思いますのでどうかよろしくお願いいたします。


令和2年度 学校経営計画

平成31年度 学校経営計画

平成30年度 学校経営計画

平成29年度 学校経営計画