あいさつ

 未来の鍵をもつ生徒一人ひとりのために

東久留米市立東中学校
校長  中川 義弘

  
 東中学校は、昭和38年に開校し、今年度59年を迎えました。卒業生の数は、9000人を超え、地域で活躍しています。同窓会や育鵬会をはじめ、地域・保護者の皆さまに温かく支えられ、現在に至っています。
 ここ数年の学区における商業施設の建設や公園・道路の整備により学校周辺の環境は大きく変わりました。また、本校におきましても、来年度の60周年を前に、校舎や校庭の改修整備が進み、新しく塗り替えられた外壁、洋式で自動化されたトイレ、特別教室へのエアコン設置、新設された防球ネットや新しい砂の入った校庭、体育館へのエアコン設置など、生徒が快適に生活できるような環境整備が行われました。
 令和4年度は、通常学級7クラス、特別支援学級2クラスの他、特別支援教室「けやき学級」の拠点校として、在籍生徒231名でスタートしました。今年度も新型コロナウイルス感染症の対策を講じながら、これまで大切にしてきた伝統を受け継ぎ、生徒が自らの未来について夢や希望をもって学校生活を送ることができるよう教育活動を進めてまいります。
 保護者、地域の皆様のご理解、ご支援をお願いいたします。
 




令和4年度 学校経営計画